TRY-PROJECTについて 現在の取組み状況 産学連携の成果
鹿児島医療技術専門学校の言語聴覚療法学科で実習している訓練ノウハウを、パソコンで動作する言語障害児向け訓練ソフトとして原田学園ハイテク専門学校グループが主体となり、富士通鹿児島インフォネットの技術支援を受けて開発しました。
5月に福岡で開催された「日本コミュニケーション障害学会」に参考出展し、参加した言語聴覚士より高い評価を得たこともあり、この度製品化を行いました。

1.機能と期待効果
「ことばのくんれん」は、言語聴覚士が訓練室で行う以下の四つの訓練内容で構成されています。
1. 絵のマッチング訓練(おんなじどーれ):形態の認知、弁別を促します。
2. 聴覚的理解力訓練(どれでしょう):聴覚的に提示された単語(名詞)を絵とマッチングし、単語の理解力を促します。難易度選択ができ、また正答数も表示でき練習効果を確認できます。
3. 復唱訓練(まねしてね):聴覚的刺激を通じて呼称能力の改善を促します。
4. 呼称訓練(これなあに):提示された絵カードを呼称することで、喚語能力の改善を促します。

2.特長
「ことばのくんれん」は、言語聴覚士が訓練室で行う以下の四つの訓練内容で構成されています。
1. 写実的できれいなオリジナルの絵。
(原田学園ハイテク専門学校グループ デジタルアーツ専門学校の学生が作成)
2. 絵カードが動きます。(同上)
3. 絵カードを印刷できます。はがき大に印刷して机上の言語訓練にも使用できます。
ことばのくんれんその他商品紹介ことばのくんれん体験版ダウンロード商品購入
ご購入者の声お問い合せリンク集TRY-PROJECTとは個人情報保護ポリシー