TRY-PROJECTについて 現在の取組み状況 産学連携の成果
1.e-Learning
学内1.e-Learning:補完教育・資格取得の学内e-Learning推進中(Linux入門、情報処理国家試験対策、他)
学外e-Learning:卒業生のキャリアプラン作成のコース(卒後教育)と医療/福祉の専門知識を活かした学外一般向けe-Learningを計画中(KFNのASPセンターを活用した販売)
学内向けe-Learning「言語処理プログラムによる画像データ処理」を2003年8月より開始。その後学外公開を検討中。

2.教材ソフトの開発・販売
医療/福祉の専門知識を活かした上記e-Learning教材や商品パッケージソフトを、同校のマルチメディア/サウンド開発環境を駆使し、KFNの技術支援を受けてハイテク専門学校学生主体で開発。
言語障害児向け訓練ソフト「ことばのくんれん」シリーズCDの作成・販売。
「ことばのくんれん」は医技専の訓練ノウハウをハイテク専門学校学生が開発し、KFNのチャネルで販売。
福祉施設等で使用するレクリエーション・プログラムの映像・音声による照会(2003年9月稼動開始)
「レクリエーション・プログラム」は医技専社会福祉科学生が主体で企画・開発。

3.ソフト受託開発
KFNからの開発委託に対して学生個人あるいはグループ(SOHO)で開発を受託する。
開発は言語処理系とマルチメディア系コンテンツがあり、いずれの開発環境も同校内に充実している。
KFNの新入社員教育と同レベルの実践教育を実施し、評価・登録の上で実務開発を有償委託する。

4.TRYプロジェクト推進室
産学連携を推進するTRYプロジェクト推進室を設置。
両校の選抜された幹部・教員およびKFN担当管理職の総勢30名を中心に個別案件の具体化を推進中。
KFNの新入社員教育と同レベルの実践教育を実施し、評価・登録の上で実務開発を有償委託する。
ことばのくんれんその他商品紹介ことばのくんれん体験版ダウンロード商品購入
ご購入者の声お問い合せリンク集TRY-PROJECTとは個人情報保護ポリシー